バイナリーオプションは誰でも始めることができますが、ある程度のやり方は知っておく必要があります。

まず、前提として、予算を決めておきます。
バイナリーオプションにどれくらいの金額を使うのか、ということです。
一つの基準として、「1トレードの100倍の資金」が挙げられます。
1トレードにつき最大で1,000円ですから、その100倍は10万円ということになります。
一般的な投資の基準としては、「1トレードは資金の5%」とされていますが、バイナリーオプションはかなり手軽なので、資金は多めに用意しておいたほうがよいでしょう。

次は、業者への入金です。
どの業者を選ぶかですが、バイナリーオプションにおいては、「大手の国内業者」を選んでおいたほうが安全です。
なぜかというと、海外の業者は「出金にやたら時間がかかる」「出金を拒否する」などといったトラブルが起きることが多いからです。
また、海外の業者は無登録であることも多く、国内法の管轄からも外れているので、金融庁や国民生活センターなども、利用しないように注意を呼びかけています。

業者を選んだら、入金しておきますが、初心者におすすめなのはGMOクリック証券の「外為オプション」です。
大手であるGMOインターネットグループが運営主体なので信頼性は抜群ですし、海外で起こりがちな出金トラブルなどにもきっちりと対応してくれるので、安心して取引に臨むことができます。
また、初心者から上級者までレベルに応じた取引の手法についても解説してくれているので、多くのトレーダーからも人気があります。

もう1件のおすすめは、YJFX!の「オプトレ!」です。
こちらも、大手のヤフーグループが運営主体なので、信頼性については問題ないといえます。
外為オプションと同じく、出金トラブルについてもきっちり対応してくれますし、顧客の資産は信託保全がなされているので、仮に業者が倒産しても資金は全額返金してもらえます。
また、取り扱っている通貨ペアが8種類もあるので、他社よりもチャンスが多いというのも特徴であり、上級者も納得できる環境が整備されているといえます。

後は、実際にトレードを始めていきます。
バイナリーオプションは、上述したように1トレードにつき1,000円という上限が設けられています。
また、予想が外れても投資額を損するだけで済むので、リスクも高くありません。
少々の損は勉強代だと思って、積極的にトレードを行っていきましょう。